【イベント】毎年恒例!甲冑展2018開催

毎年、4月半ばから5月5日まで開催させていただいております「甲冑展」。

三木甲冑倶楽部のメンバーが手作りで制作した甲冑・兜・陣羽織など数点を展示させていただいております。ぜひ、お越しください。


今年の展示品は次の通りです。

<高原重郎さん>

「阿古陀形筋兜・小札胴丸鎧」
「阿古陀形」という後頭部が少し盛り上がった形の筋兜。胴は小札を2139枚威した胴丸。
漆塗りの仕上げ。

「二枚胴鎧」(漆仕上げ)

本年度の当会の新作甲冑です。制作指導担当の高原さんが制作されました。


<森本輝美さん>

「腹巻鎧」

赤と白の威し糸で色鮮やかな総毛引きの腹巻。絵葦模様の胸取りや細部の金具など高級感のある仕上がりです。


<寺尾千奈美さん>

大鎧・星兜のミニチュア版を制作されました。ミニチュアとはいえ、小札を1つ1つ作り、糸威しをして制作されています。小さいが故に逆に難しさと根性の必要な作品です。


<藤井淳さん>

真田昌幸所用の「昇り梯子具足」、信繁の「鹿角脇立二枚胴具足」に真田丸陣羽織、石田三成所用の「乱髪天衝脇立て兜」、伊達政宗所用の「三日月前立て兜」。
そして、伊達家の「水玉模様陣羽織」を展示しています。


さらに、三木甲冑倶楽部で制作している陣羽織と腹当を展示してます。
陣羽織は着物素材を利用して制作しています。
腹当は胴の前部分だけの鎧で脛を守る脛当とセットになっています。


展示日程: 2018年4月15日~5月5日

展示場所: 三木市 旧玉置家住宅(火曜定休)

主催: 三木市観光協会

神戸新聞記事


3 thoughts on “【イベント】毎年恒例!甲冑展2018開催”

  1. 今年の、5月に三木市の、藤井さんの、手作り甲冑を明石市から見に行って
    わざわざ会いに来て頂いた元木です、あの時は急にすみませんでした、それで私も手作り甲冑にチャレンジしました、見て頂きたくて、18日曜日イベントが、あるのですねお伺いさせて頂きます、その時。よろしければ甲冑見て下さいませ。宜しくお願いします

    1. 元木様

      コメントありがとうございます。甲冑制作されたのですね!ぜひ、拝見させてください。
      18日は三木市民活動センターのボランティアフェスに出店しておりますので、よろしければお越しください。

コメントを残す