【着用手順】鎧直垂

男性の鎧武者が着用する鎧下である「鎧直垂(よろいひたたれ)」の着用手順です。


1.小袖を着ます。

 

2.直垂の上に袖を通します。手首に紐がついており、輪になった部分を中指に入れて、手首に巻いて括ります。

 

3.直垂の下を履いて、足の脛部分、上下2か所を紐で縛ります。

 

4.垂下の下を持ち上げて、前帯を結び、その後後ろ側も持ち上げて、後ろ帯を同様に腹の下で結びます。この時、後ろから見て直垂上下の中心が合うように調整してください。また、脇から小袖や太ももなどが見えないように整えてください。

 

5.胸の前の紐を蝶結びにして完成です。


細かいところを端折っていますので、適宜追加・修正していきます。