三木甲冑倶楽部のご紹介

<三木甲冑倶楽部のはじまり>

戦国時代、「三木」は東播磨の中心地だった。
三木城を居城とし、明石、加古川、高砂といった東播磨一帯の太守として君臨していたのが別所家。
最後の三木城主、別所長治公を偲んで、例年5月5日「別所公春まつり」が実施されています。

「三木甲冑倶楽部」は、このまつりを盛り上げることを目的とし、2001年(平成13年)に地元有志が手作り甲冑の武者行列を企画したことから始まりました。


<活動内容>

甲冑制作

メンバーは老若男女。
年齢や技術力を超えて集い、本格技法で作る楽しみ、着る楽しみ、贈る楽しみなど、それぞれの思いを込めて製作に励んでいます。
素材は厚紙やボンテックス紙などで、初心者の方には製作キットをご購入していただき、甲冑製作の指導や知識を伝授しています。

イベント実施・協力

活動は、甲冑の製作だけではありません。
制作した甲冑を着用する武者行列、展示会をはじめ、歴史ある三木の史跡探訪も行っています。
また、別所公春まつりだけでなく、市内のイベントへの参加や、時には三木を飛び出し、市外のイベントへの出陣、備品貸し出し等の協力をさせていただいております。
別所公春まつりでは、外国の方々の武者行列への参加など、グローバルな交流親睦の活動をしています。

イベントの詳細はこちら。


<三木甲冑倶楽部情報>

所在地:〒673-0432 兵庫県三木市上の丸町4

メール:mikiyoroi2001@yahoo.co.jp